ペソギン窓の外

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーループースー、いちまんじゃーく♪

今日、雑談で「アルプス一万尺」の話題になりまして。
アルプス一万尺って誰もが一度は聞いた事がある歌なのに、
歌詞の意味は、結構謎だったりしますよね(?_?
実際、その時の雑談他(何でも、
「アルプス山脈で子山羊の上に乗ってアルペン踊りを踊る歌だよね」とか、
「いや、一万人弱の人数でアルペン踊りを踊るんでしょ?」とか、
「雑談天井裏からみてたんだけど、あの歌って、小さい槍の上で中○雑技団のように踊る歌だよね?」などなど、
(一部発言内容が違うかもしれません、文句苦情はろまひこまで^^;)
と、言う訳で今まで特に気にしてないけど何気に謎が多い「アルプス一万尺」
気になったら調べようを信条とする、ろまひこ。時間もあったので調べてみました。
無駄に長いので追記に書きますよ。 と、言う訳で、順番に謎を解いていこうかと思います(くわ
まず、歌にでてくるアルプスですが、
「アルプス一万尺は日本の北アルプスを歌っているようです。」
参照先サイト
ヨーロッパにあるアルプス山脈ではありません(くわわ
次に何時も解釈に悩むと言うか解釈が別れる「こやり。」
これは「槍ヶ岳にある2つの山頂に隣接する岩。」だそうです。
大きな山頂が「大槍」脇にある小さい岩が「小槍(標高:3030m)」。
昔の高さの単位である「尺(約30.3cm)」に直すと「一万尺」。
つまり、「北アルプスにある一万尺の小槍の上でアルペン踊りを踊ろうぜ。」みたいな。実際の小槍はロッククライミングの技術が無いと上れない上に、
とてつもなく狭いらしいので、踊り踊るのは無理そうですが(^^:

余談ですが、アルプス一万尺の歌詞は「29番」まであるそうです。
最後の方の歌詞は登山経験がある人がみたらブフーとなる事うけあいな歌詞らしい。
どう酷いのかはこちらを参照下さい。
最後に、アルプス一万尺の歴史などが書いてあって、歌詞も全部掲載されている。
Wikiのサイトをぺし。
もっと短くまとめられば良いのに(^^:

<< 空つながりで | ホーム | ブログパーツが一杯 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。